先輩からおすすめのバイクパーツ情報をも聞いたこと

12月 13th, 2012

ロードバイクに乗って「お尻が痛い!」と言うのは、以前までの私です。私は、大学のときに出会った先輩がきっかけで、ロードバイクに乗るようになりました。ロードバイクの良いところは、自分でペダルをこいで気持ち良い汗をかけることと、その汗があるからこそ気持ち良い風に当たることができるということです。そんなロードバイクの魅力にはまってしまった私でしたが、これにはある1つの問題がありました。それは、サドルが固くてすぐにお尻が痛くなってしまうということでした。私は生まれつき身体が細く、食べても食べても太らない体質をしています。それは、太る努力をして1日に5食食べても太ることができず、すでに諦めていることでした。


そんな私は、せっかくロードバイクという楽しい趣味を見つけられたのに、長時間乗っているとお尻が痛くなってしまい、みんなと一緒にサイクリングに行ったりすることができなかったのです。1度サイクリングに行ったとき、あまりのお尻の痛さに中断してしまい、一緒に行っていた仲間に迷惑をかけてしまいました。それ以来私は、サイクリングに行くことはおろか、自分で楽しむにも時間を決めて走るようになってしまったのでした。しかし、そんな私を見た先輩は、あるおすすめのバイクパーツ情報があると教えてくださったのです。それは、バイク専門店で、ロードバイクのクッション付きのサドルを見つけたという情報でした。ロードバイクというのは、サドルに限らず、ペダルやタイヤ、ブレーキやチェーンなど、自分の希望する走り方によってバイクパーツを取り替えることができ、より自分らしいロードバイクを作り上げることができます。


そんなバイクパーツの1つに、クッションのついているサドルがあったと教えてくださったのでした。これなら、お尻部分に固いサドルが直接当たることはなく、今までの痛みはなくなると思いました。こうして私は、先輩の情報をもとに、そのクッション付きのサドルを購入しに行ったのです。そこで見たサドルは、確かに中にクッションが入れられていて、それだけではなく、本革でできているためとても頑丈な作りになっていました。これに惚れこんだ私は、迷うことなく購入することに決めました。それ以来、以前までのような痛みはなく、楽しんでロードバイクに乗ることができています。先輩の教えてくださったおすすめのバイクパーツ情報は、まさに私に向けてのもので、嬉しくて仕方ありませんでした。


Parse error: syntax error, unexpected T_ENDIF in /home/users/0/zombie.jp-tront/web/comicsshowcase.com/wp-content/themes/the-wall/comments.php on line 88